松山市消防団の概要 女性消防団 機能別消防団員 災害時に備えて
AEDとは 知ってて良かった応急手当 蔵置所シャッターペイント
消防団紹介
消防出初式
・平成21年
・平成22年
・平成23年
・平成24年
・平成25年
消防操法大会
・第27回
・第28回
・第29回
・第30回

HOME
 
 
入場行進
 団本部を先頭に、第1方面隊から第9方面隊・女性消防団員・郵政消防団員・大学生消防団員・消防局・女性防火クラブの順に、総勢1,765名による堂々の入場行進でした。
入場行進_団本部   入場行進_女性消防団員   入場行進_郵政消防団員
団本部   女性消防団員   郵政消防団員
 
入場行進_大学生消防団員   入場行進_消防局員   入場行進_女性防火クラブ
大学生消防団員   消防職員   女性防火クラブ
 
開式行事
 

■開式宣言

 寺坂 末吉 消防団長

  開式宣言
 
■国旗・市旗掲揚
 

■人員報告

 西原 忠悦 消防局長

  人員報告
 

■市長告示

 野志 克仁 松山市長

  人員報告
 
表彰式
 
愛媛県知事表彰   愛媛県消防協会長表彰
愛媛県知事表彰   愛媛県消防協会長表彰   愛媛県消防協会長表彰
副団長・富田 恭司   浅海分団長・煖エ 義誠   石橋 和子 様
 
松山市長表彰   松山市消防局長表彰   松山市消防団長表彰
松山市長表彰  

松山市消防局長表彰

  松山市消防団長表彰
河野分団長・木下 敏明   桑原部長・市川 泰輔   中島神和部長・竹内 洋
 今回は、234名、4分団が表彰されました。
 
来賓祝辞
 
総務省消防庁長官代理 宇野雅憲様   愛媛県知事 中村時広様   松山市議会議長 田坂信一様
総務省消防庁長官代理
予防課 消防技術政策室長
宇野 雅憲 様
  愛媛県知事
中村 時広 様
  松山市議会議長
田坂 信一 様

ご来賓の皆様を代表して、3名の方々よりご祝辞をいただきました。

 
被表彰者謝辞
 
団本部 副団長  富田 恭司
被表彰者謝辞 富田恭司   被表彰者謝辞 富田恭司
 
職員訓練披露
 最初に「規律訓練」「救助訓練」が披露されました。
 市内各消防署から選抜された35名の職員により、消防訓練の基礎であり災害現場での指揮者の指示に対する対応力や、その部隊の一体制を作り上げていくための基礎訓練である規律訓練が披露されました。
 続いての救助訓練披露では、中央消防署高度救助隊(スーパーレスキュー隊)の隊員10名が、会場に設置された3m高塀、7mの訓練塔、そして2台の梯子車を使用し、「越える」「登る」「降りる」という救助活動に必要な基礎的技術が披露されました。
職員訓練披露
 続いての救助訓練披露では、中央消防署高度救助隊(通称スーパーレスキュー隊)と西消防署と区別救助隊の隊員13名よって、会場に設置された3m高塀、7mの訓練塔、そして2台の梯子車を使用し「越える」「登る」「降りる」という救助活動に必要な基礎的技術が披露されました。
 
職員訓練披露_渡る  

職員訓練披露_降りる
梯子車からの降下訓練

   
職員訓練披露_越える  
 
消防団演技披露
 今年、古典竹梯子演技披露した第1方面隊は、堀江・潮見・和気・久枝地区の安全・安心を日夜担っているとともに、四国遍路・道後温泉に次ぐ温泉地、また、宮内いよかんの発祥の地といった歴史深いまちを守り続けています。そんな熱い消防魂をもった団員の古典竹梯子演技に、会場で見守っていた見物客からは、惜しみない拍手が送られていました。
 その後の一斉放水では、城山公園内においては、堀江・高浜・余土・新玉・石井・坂本・五明・難波の8分団が、ふるさと松山のシンボル松山城に向かい放水し、松山城本丸においては、北条・河野・粟井の3分団そして東消防署の団職員が一斉放水し、会場からは大きな拍手が沸き起こっていました。
 
古典竹梯子演技   古典竹梯子演技
    古典竹梯子演技
古典竹梯子演技   古典竹梯子演技&一斉放水
第1方面隊による古典竹梯子演技   消防団員による一斉放水
 
女性消防団員による水軍太鼓演奏
女性消防団員による水軍太鼓演奏
 
閉会のことば
 

 

 西原 忠悦 消防局長

  人員報告
 
このページのトップへ